今すぐ10万のお金が欲しいのですがいくら位金利がかかるの

至急10万円が必要なのですが、かかる金利はどの位になりますか

1か月で返済する場合の金利計算の方法をお教えしましょう

たとえば10万円を1か月年利率18%でかりた場合は 10×18%÷365×30日。この場合1か月の利息は1479円となります。それ以降は残高に対しての金利がかかりますのでそれぞれを計算すると完済までの金利がわかります。消費者金融や銀行のホームページでは返済シュミレーションが出来るので、金利がどのくらいかかるのかを確認する事ができます。10万円が今すぐに必要と言う事ですが、もし返済できる予定があれば毎月返済ではなくまとめて一括返済も出来るのです。借りた日数だけの利息で済むので、臨時に収入がある時などは一括返済も考えられると良いと思います。

また月々の返済額に加えて追加で返済する事も出来ます。残高を減らす事で利息は少なくなるので、これも賢い返済の方法ですね。最初は10万円だけと思っていても完済する前にまた追加で借入てしまう事が良くあります。出来れば完済してから次を借り入れるようにしましょう。借りる事があたりまえになってしまうのではなく、借りたものは着実に返済する、という気持ちが大切だと思うのです。

返済を確実に出来ると言う事がカードローンを上手く使う為に一番大切な事なのです。充分な計画性を持って借入して下さい。それから申し込むカードローン会社もたくさんあります。ホームページも充実しているので一番良いと納得した所に申し込むようにしましょう。

HELP!今すぐ10万円欲しい!そんな時にはキャッシングも!?

「今すぐ10万円が欲しい!!」と思う事は、長い人生でよく思う事かもしれません。実際に私は毎月のように「10万円欲しい…落ちてないかな?」と言っています。余る程のお金持ちでない限り、お金が欲しいと思う気持ちは至って普通な事だと思います。ただ、欲しいと願ったところで、そうそう10万円が手に入る事はないですよね。

さて、お金が欲しい時にはどうしたらいいのでしょうか??1番良いのは我慢かもしれません。これは欲しいものができたなど試行的な理由でお金が欲しい時に限られてしまうかもしれませんが、我慢してお金を使わない、次の給料まで待つなどで対策できる事でもあります。次に身内に頼む。奥様にお小遣いを増やしてもらう、旦那様に頼んでみる、親に頼んでみるなど身内に頼る方法。お金が欲しい理由によっては怒られる事もあるかもしれませんが、場合によっては1番手早い方法でもあります。ただ、頼みにくい、身内もお金不足となると厳しくなります。

諦める事も、待つこともできない、身内に頼る事ができないとなると、お金を取り扱う業者様に頼るしかありませんね。主に消費者金融です。最近では銀行でも手軽にキャッシングができるようになってきています。借金となるとちょっとイヤかもしれませんが、キチンと返済していけば何も怖い事なんてありません。総量規制により借りすぎる心配もありませんし、利息も一定以上に取る事を禁止されているので、闇金でない限り、利息が多すぎるなんて心配もありません。

10万円が欲しい理由が、例えば、「さっきパチンコで負けたから金がない!!」だった場合、あまりおススメできないかもしれません。しかし、この後に続くセリフによっては消費者金融などで借りてでもお金を用意した方が良い事もあるでしょう。あくまで一例です。パチンコのようなギャンブルだけの為に借金をするのはダメ、理由によっては仕方ないを大袈裟に言います。

「さっきパチンコで負けたから金がない!だから借りて明日の軍資金にしよう!!」の場合、私は消費者金融で借りてまで10万円を用意する必要はないと思います。パチンコだけではないですが、趣味など必ずしも必要でないものに対してのお金の場合は良く考えてから借りましょう。特にギャンブルは勝てば良いものの、負ければ返済すらできなくなってしまう可能性もありますので注意が必要です。

「さっきパチンコで負けたから金がない!家に帰ったら子供が高熱で辛そう!!」の場合、とにかく病院へ連れて行きましょうね。そして、病院代など必要なお金は消費者金融などに借りてでも用意してあげましょう。パチンコでお金を使ってしまった事が100%悪いわけではありませんが、パチンコしてなければ借りずに病院へ行けていたでしょう。反省して、返済が終わるまではパチンコも控えるなどしましょうね。

例では子供の急病をあげましたが、どうしても必要な出費というのは様々な場面で起こりうる事です。お金を用意できなかったから仕方なかったでは済まない事もあるかもしれません。消費者金融で借りても、返せば問題はありません。ちょっと利息を払う事にはなりますが、これもお勉強代だと思えば良いでしょう。今すぐ10万円が欲しい理由をもう1度良く考えて、どうしても必要ならば借りて良いと思います。欲しいものの為、ギャンブルの為などの場合は、返済の事もしっかり考えて計画的に利用できる場合のみにしておきましょうね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 カードローンは※低金利がイイ!お得な業者だけを集めました! All Rights Reserved.